キーワード「剪定」関連の口コミ

H.Iさんの場合

仙台の自宅の庭に結構庭木が植わっていて、伸びすぎて近所の人の敷地にまで入り込んでしまったので、すぐに全国対応の業者さんにお願いしました。仕事の都合でかなり夜遅くに帰宅するので、それから業者さんに電話出来るところなんて無いだろうと思っていましたが、調べてみるとい24時間対応のところがあって、時代は進んだなと感じました。
依頼種別
伐採
満足度
星4つ
施工エリア
仙台市

D.Mさんの場合

私は植物に疎いので、いつも地元の宮城県の業者さんに剪定をお願いしています。桜の木が一番剪定が難しいみたいですが、それでも綺麗に剪定していただいて、元気に育っているので、やっぱりプロは違うんだなぁと感じさせられます。
依頼種別
伐採
満足度
星5つ
施工エリア
宮崎県

A.Mさんの場合

少し涼しくなりましたが、日中はまだまだ、暑い日が続いています。なので、自分で剪定を行なう気にはならず。職人さんを呼ぶことにしました。今回は初めての業者さんを選んでみたのですが、受付の女性の方の対応も良かったですし、現場に来てくれた職人さん達にも活気がありました。剪定作業も順調に進み私の希望通りに仕上がりました。
依頼種別
間伐
満足度
星4つ
施工エリア
栃木県

D.Mさんの場合

庭木の剪定をお願いしました。以前は自分で行っていたのですが、最近は足腰が弱くなって、自分で高いところの選定をするのが怖かったのでお願い出来て良かったです。
依頼種別
間伐
満足度
星4つ
施工エリア
茨城県

D.Iさんの場合

以前祖父が住んでた家は山と田んぼに囲まれた田舎で、祖父が亡くなってからは家は空き家となっていました。裏山の竹林は誰も手入れするものがおらず、伸び放題でした。今回家を取り壊すついでに、林も伐採して撤去することにしました。竹の本数も本数なので、我々素人では到底撤去することができません。今回は解体業者さんから伐採業者さんを紹介していただき、作業をお願いしました。やはり専門業者なのでスムーズに林を撤去し、更地にすることができました。
依頼種別
間伐
満足度
星5つ
施工エリア
関東

H.Uさんの場合

実家に古くから生えている竹が増えすぎてしまい、敷地外まで範囲を広げる勢いとなってしまいました。このままでは近隣への迷惑となってしまうので、増えすぎてしまった分は評判の良い業者に伐採を依頼することにしました。他の業者と比べて価格が安く、申し込みがネットからでも可能だったので良心的でした。作業の段取りも良く、迅速かつ丁寧に竹を伐採してもらい敷地外や自宅を汚す事無くキレイに処理してもらいました。見栄えが良くなったので満足です。

E.Mさんの場合

親の代から庭にマダケを植栽していたのですが、落ち葉の処理が大変なのです。最近は近所から苦情も寄せられるようになったため、伐採をすることにしました。こうすれば、落ち葉の処理で悩まされることもないと考えたのです。作業を行う業者は、地元で実績が豊富な造園屋を選びました。庭師を派遣してもらい、竹を効率よく伐採していきました。地下茎の処理が難しいと思ったのですが、小型のショベルカーが大活躍して、見事に根を取り除きました。

A.Eさんの場合

田んぼにまで進出しつつあった裏山の斜面の竹を、伐採サービスに依頼して全部切ってもらいました。電話で問い合わせたところ、八月の上旬くらいまでに切ってしまえば良いとのことだったので七月の先月にお願いしました。伐採作業には4名の方が来てくれました。重機によって竹を根っこから取り除いてもらいました。薬による方法もあるそうですが、範囲が広くてできないと言われました。タケノコ堀りの楽しみはなくなりましたが、これで田んぼは一安心です。

O.Tさんの場合

家の中の庭に竹が生えているのですが、伸びすぎてしまいました。 今までは家の庭が広い事もあって気にならなかったのですが、隣の家まで入るようになっていたのです。 このままでは近所迷惑なので、切ることにしました。自分でやってみようとしたのですが、大きすぎで無理でした。 このままではもっと大きくなってしまうので、業者に頼んで竹を伐採することにしました。 業者にやってもらったらすぐ庭がすっきりして庭が広々しています。
依頼種別
間伐
満足度
星5つ
施工エリア
徳島県

H.Oさんの場合

茶杓は茶人の命でありますから、茶の湯を愛好する私も自宅の庭にマダケを植栽していました。しかし、茶杓を作るだけにしては広すぎることが分かり、手入れが大変になっていたのです。そのため、大半の竹を伐採することにしました。伐採するとは言っても、どこへ頼めばいいかが分かりませんでした。近所の人のすすめで、地元の造園業者に来てもらうことになりました。竹を切る作業が進み、さらに地下茎の掘り起こしも行いました。その結果、風通しもよくなりました。
このページの先頭へ